世界恐慌は大チャンス

アメリカの元大統領のケネディー一家は1929年に起きた世界大恐慌で膨大な財産を築きあげたことはご存知でしょうか?世の中の大富豪たちはこのような一生一度のイベントを上手に使って膨大な富を得ているのです。

目から鱗の講義内容

今まで常識と思っていたことが全くひっくり返されると人は夢から目覚めます。時間軸を500年単位で見つめ直すことで今まさに何が起きているのか?そしてこれから何が起こり得るのか?ということが見えてきます。

見えなかったものが見える

これから起きることは世界の富の移行です。富を受ける側になるのか?それとも富をなくす側になるのか?今何が起きていて何が起ころうとしているのかが見えてこないと事前の対策ができません。知識は力なり。

 

知識向上プログラム

今、目の前に起きている様々な世の中を一変する出来事が見えてこないのは、難しい経済用語や政治用語で思考能力が停止しているためです。私たちが今使っているお金の正体をきちんと理解し、過去を振り返り世界恐慌の仕組みを理解することで、今まで見えていなかったことがちらほらニュースや新聞から見えるようになってきます。自分で理解し自分で判断し自分で考える。今一番重要なのは知識を得る事です。間も無く音を立てて崩れ出すであろう金融システムに飲み込まれない唯一の方法は、事前対策なのです。


 

誰でも理解できる講座

講座を完結することで、現在の問題点を理解し、これから起こり得ることを把握し、事が起きる前に事前対策を取る事ができるようになります。1929年に起きた世界大恐慌では、多くの人が仕事や富を失いましたがその反面膨大な利益を得た人も存在しているのです。わかりにくい経済の仕組みや世の中のカラクリを誰の耳からでも理解できるよう簡単に説明された講座です。

対策をしている人は、これから起きる令和の時代を困難なく乗り切る事ができるでしょう。知識は力なり。知っていたら防げた事は世の中にはたくさん存在するのです。

 

参加者の声

今まで難しいと思っていた経済用語がこんなにすっきりとわかりやすくなり感動しました。今までニュースで気がつかなかった用語が聞こえてきて驚きです。もっと深く追求してゆこうと思います。
Keiko Yashima

私でもなんだかできるような気がしてきました。オンラインでするビジネスなんて難しすぎると思っていましたが何事も挑戦ですよね。

Tomoko Sato

まさに目から鱗の講座でした。今までと物の考え方をガラリと変える発想です。色々な見方があるのだと感心しました。

S. Yamagishi