みんな知るべきお金のこと

経済学などという言葉は一般の人にとってはほど遠い響の音かもしれません。テレビであれやこれやと有名教授たちが政府債務やらアベノミクスやらと議論しても自分の生活にどう影響するのかすらわからない人がほとんどなのではないかと思います。 しかし、彼らが言っていることは実は私たちが使っているお金のことについてとてつもないヒントをくれていることがあります。難しい仕組みや専門用語のおかげで、多くの人は彼らの言っていることを理解できないでいます。しかし、経済学の知識はお金を使っているものとしては知っておかなければ大損をしてしま行かねない大きな知識なのです。

知識は力なり

財政収支の赤字幅は拡大し,政府債務残高は増加。。。などというような経済用語を見ただけで既にギブアップ!なんのことやらわからないという方は、恐らくニュースを見ても新聞を読んでもなかなか内容を理解できないことでしょう。 しかし、この重要な情報を聞き逃し続けていると今まさに始まろうとしている100年に一度の大イベントに呑み込まれてしまうことになりかねません。今世界は金融破綻の岐路に立っておりいつどこで何が起きてもドミノだおしのように世界中に飛び火する大変危険な状態になっているのです。