自分の声と録音の声が違うわけ

自分の声を録音すると自分の声じゃないみたい!って思うことありませんか?録音した音、自分が聞こえる音。一体どちらが本当の自分の声なのでしょうか?

他人が聞こえている音と自分に聞こえている音は全く違う!

音声を録音して聞いてみると自分の声じゃない!と思う方多いと思います。しかしこの録音して聞こえている音は、自分以外の人がみんな聞こえている音なのです。何とも自分だけ自分の声が違う音で聞こえているなんて。。。不思議な話です。

音は空気の振動で伝わるのはご存じな方も多いと思います。小さい頃糸電話で糸の振動を伝って音が遠くまで届く実験をしたのではないでしょうか。口から発声された音は空気を伝わって耳に伝わります。その音が録音した音であり、他人に聞こえている音です。ところが、自分の耳に入る音はもう1つ顔の周りにある骨にぶつかりその振動が音となって加わってきます。そのため自分の耳に入ってくる音は録音した音は違う音になるわけです。

自分の声 = 空気の振動 = みんなに伝わる音

自分の声 = 空気の振動+顔周りの骨にぶつかる振動 = 自分だけに聞こえる音

このように普段何気なく発声している音一つとっても自分と相手とでは聞こえている音が違うのです。自分の発音を録音して聞き直すと聞きにくいなあとか、音がこもっていて聞きにくいと感じるのは自分ではそんなふうに発音しているつもりはない為です。しかし実際の音は自分が発音している音とはかなり違う。そんなことが起きているということをまずちょっとだけ頭の片隅に入れておいてください。